悪化させると厄介な顎ニキビ

悪化させると厄介な顎ニキビ

顎ニキビができて、なかなか治らなくて悩んでいる方は意外とたくさんいます。
思春期でも顎にニキビができることはあるのですが、思春期はどちらかといえば、おでこ周辺のTゾーンによくニキビができますね。

20代後半くらいからの顎ニキビ

顎ニキビを気にする20代後半女性
顎にニキビができるのは、20代後半くらいからの年齢層が多いです。
そして、顎ニキビの形状は白くて小さいコメドと呼ばれる初期段階のニキビが大量発生することが多くなります。
これが悪化すると、赤や黄色の炎症性ニキビに変化し、ニキビ痕になって色素沈着やクレーターの状態になってしまうのです。
20代後半くらいからできるニキビを、一般的に大人ニキビと呼びますが、これはホルモンバランスの崩れや、肌のターンオーバーの衰えから、ニキビができた皮膚がいつまでも生まれ変われずに残っているものを指します。

顎ニキビが増えてきたら早いうちに皮膚科へ

皮膚科で顎ニキビの相談をする女性
顎ニキビはまさにこんな状態になっていることが多く、ずっと治らないでそこにあったり、治ってもまた同じ場所にできたりするという嫌な特徴を持っています。
悪化させてニキビ痕になると、ターンオーバーも肌バリアも衰えた肌ではなかなか自力でその痕を無くすことができなくなります。
ですから、顎ニキビが増えてきたら早いうちに皮膚科へ行って治療を受けることが大事なのです。
上手に治療できれば痕にならず、肌バリアを強化しなおしてニキビができない肌を作ることも可能です。
思春期のように放置していても自然に治るということは難しく、また市販の薬で治すことも難しいということを覚えておきましょう。

顎ニキビ解消の救世主!オススメ商品ランキングTOPへ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*