日常与えている顎への刺激が顎ニキビの原因

顎ニキビの原因とニキビ対策

顎ニキビはおでこや鼻に出来るニキビより症状が酷い事が多く大人の代表的なニキビと言われています。
顎ニキビが出来てしまうとすごく目立ってしまうので他の人とコミニケーションを取る時にコンプレックスになってしまう事も少なくありません。
また顎ニキビは放置してしまうと症状もどんどん悪化してニキビ跡になってしまう事もあるので早めの対策が必要になってきます。
そこで顎にニキビが出来てしまう原因を見ていく事にしましょう。

何気ないしぐさで顎に触れるのが原因

何気ないしぐさで顎に触れる女性
無意識に触ってしまうことが多いのが、顔の中でも顎に集中されます。
考え事をしているとき、手のやり場に困っているとき、顎に手や指先を当てると安心できる気がします。
女性の場合は、顎に髪の毛が触れることもあります。
毛先が触れる場合はチクチクするので、皮膚に刺激を与えます。
また、電話も顎に当てるので、こすれて刺激になります。
何気ないしぐさで、ニキビができる原因になっています。
特に汚れた手で触ってしまうと毛穴から菌が浸入してしまい、ニキビが出来る事が多いので顎をあまり触らないようにして皮膚への菌の浸入を防ぎましょう

刺激を与えるのはNG

カミソリで顎ヒゲを剃る男性
男性の場合はカミソリや電気シェーバーを使用して顎の髭を剃りますが、その時に顎の部分を刺激してしまい角質が厚くなってきてしまいます。
そのためニキビが出来やすくなってしまうのでカミソリや電気シェーバーを使用して顎の髭を剃る時はなるべく刺激を与えないようにして剃るようにしましょう。
顎のニキビはおでこや鼻に出来るニキビより大きくなってしまって目立つ事が多いです。
また、ニキビを潰してしまうと傷口が酷くなってしまってニキビがなかなか治らなくなってしまいます。

日常生活で毛穴を詰まらせる要因

紫外線のイメージ
毛穴を詰まらせる要因である皮脂の分泌に影響を与える因子は様々です。
他にも紫外線の影響や手で触る、髪の毛が触れるなどが考えられます。
しかし万が一、ニキビができてしまったら、炎症を起こして化膿する前に病院での診察をおすすめします。
またニキビ跡がたくさん出来てしまう可能性もあるので顎に出来たニキビはなるべく手で触らないようにしましょう

顎ニキビ解消の強い味方!人気ケアグッズランキングTOPへ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*