ホルモンバランスによって顎に問題が生じる

ホルモンバランスによって顎に問題が生じる

顎に対しては、しばしばニキビが生じてしまう事があります。
もちろんニキビができてしまう以上、必ず原因があるのです。

特定のホルモンだけが多い状態

顎ニキビに悩む女性
主な原因としては、ホルモンに関するバランスが挙げられます。
そもそもホルモンには、理想的なバランスがある訳ですね。
特定のホルモンだけが多い状態ですと、肌に対して様々な問題点が生じてしまう訳です。
ひいては、それが顎に対する腫れ物の原因になってしまいます。
例えば、皮脂の分泌量が挙げられます。
人によっては顎などに対して、多くの皮脂が分泌されています。
いわゆるオイリー肌の方々も、たまに見られるでしょう。
なぜ皮脂が多くなるかと言うと、上記でも述べたバランスが挙げられます。
バランスが取れた状態ならば、無闇に脂分が放出される事もないのです。
しかしバランスが崩れてしまえば、やはり余分な物も出てしまう訳ですね。
それで脂分が多く分泌されると、毛穴に関する問題が生じる傾向があります。
また、冬場より夏は分泌量が多く、女性は年齢とともに分泌量が減っていく傾向にあります。

日常生活でのストレスを多く抱えてしまうと

日常生活でストレスを溜める女性
そもそも毛穴などは、詰まりなどが無い状態が望ましいです。
詰まってしまいますと、余計な腫れ物も生じやすくなる訳です。
具体的に述べれば、プロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンなどが挙げられます。
本来それは、妊活に大きく関わってくるのですね。
したがって女性にとっては、必要なホルモンではあります。
ところがその黄体に関するものが多すぎると、却って脂分が多く分泌されてしまう訳です。
それが毛穴を塞いでしまって、顎ニキビが生じやすくなる傾向があります。
ちなみに黄体に関する物質は、主に生理前に多く分泌される傾向があります。
したがって生理前などは、顎ニキビが生じる確率も高めです。
逆に男性用ホルモンも、それに関わってきます。
いわゆるジヒドロテストステロンと呼ばれる物がありますが、それは上記でも述べた皮脂に大きく関わってきます。
ジヒドロテストステロンが多く分泌されてしまえば、それだけ皮脂の分泌量が多くなる訳です。
ちなみになぜジヒドロテストステロンが増えるかと言うと、ストレスなどが挙げられます。
日常生活にてストレスを多く抱えてしまうと、そういう物も多く分泌されてしまう訳です。
したがって間接的には、ストレスも顎ニキビの原因と言えます。

加齢や睡眠によるホルモンバランスが乱れ

加齢のイメージ
また、年齢を重ねてくると加齢が進んでしまいホルモンの分泌量が増えたり減ったりしてくるので体が対応しきれなくなる事があります。
そのためホルモンバランスが乱れてしまい皮脂の分泌量が増えてきてしまいます。
男性ホルモンの分泌量を抑えるには交感神経と副交感神経のバランスを整える事が大切なので寝不足にならないようにしっかり睡眠を取るという事が大切になってきます。
人によっては、ちょっと眠りの質が悪い事もあるでしょう。
十分に眠り時間がそこそこ多いにも関わらず、なかなか疲れが除去できない方もたまに見られます。
それと時間の短さも、大いに問題です。
中には時間がかなり短い方々も居るでしょう。
それで眠りに関する問題は、往々にして上記で述べたバランスを崩してしまう傾向があります。
それはストレスに関わってくるからです。
睡眠不足な方々は、どうしてもストレスが蓄積されやすくなります。
上記でも述べた通り、多くのストレスを抱える方々は、やはりバランスが崩れやすくなります。
したがって睡眠不足なども、顎ニキビに関する間接的な原因と言えます。

また、冬場より夏は分泌量が多く、女性は年齢とともに分泌量が減っていく傾向にあります。

顎ニキビを解消したい方の手引き!人気ケアグッズランキングTOPへ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*