肌の乾燥は顎ニキビの原因?

顎ニキビは毛穴のつまりが原因

ニキビは思春期の時に大人の体を生成していくために皮脂の分泌量が多くなってしまうのが原因でおでこや鼻などに出来ることが多かったのですが、他の部位にも出来てしまう事があるので注意しなければいけません。
ニキビは思春期の頃だけに出来るものではなく大人になっても出来てしまう事が多いです。
大人になると特に顎に出来てしまう事が多いので顎に出来るニキビの原因を見ていく事にしましょう。

乾燥が原因でできる顎ニキビ

乾燥のイメージ
肌は、何もしないでそのままにしていると、年齢とともに乾燥してきます。
顎ももちろん乾燥しているのです。
お風呂上りや洗顔後に保湿ケアを行っていないと、乾燥しやすい肌状態になります。
乾燥すると、肌を戻そうと体が働くために皮脂の分泌量が増えます。
これが顎ニキビの原因になります。
分泌量が多すぎて、毛穴が詰まってしまいニキビになります。
顎は、ニキビができると刺激を受けやすく、大きくなりやすい場所です。
膿を持つと痛みが出て見た目にも気になります。
日頃からきちんと洗顔して、顎までしっかりスキンケアをすることが大切になります。

保湿性が低いと皮脂なども多く分泌

肌表面から水分が多く奪われてしまう女性
肌表面から水分が多く奪われてしまう事はあまり良くありませんから、身体としては皮脂を作り出している訳です。
皮脂には、蒸発防止効果があるからです。
逆に言えば、保湿性が高い状態ならば、皮脂などもあまり多く分泌されない傾向があります。
したがって、乾燥は顎ニキビを作り出してしまう原因と言えるでしょう。
特に気をつけた方が良いのは、男性の方々です。
あごヒゲを剃った後に保湿ケアを怠ることにより、どうしてもニキビが生じやすくなってしまいます。
毛剃りを行った後は、きちんと保湿を心がけるべきでしょう。

栄養不足による乾燥

ビタミンを多く含む食材
また、乾燥度合いにも関わってきますが、栄養分の不足なども顎ニキビを作り出してしまう事があります。
例えばビタミンCなどです。
そもそもコラーゲンなどが肌の表面で活躍してくれれば、あご周辺もみずみずしくなる傾向があります。
ところがビタミンC不足では、コラーゲンも活躍しづらくなる訳です。
ひいては、それで肌表面における乾燥度も高まる傾向があります。
上記で述べたような理由により、乾燥は顎ニキビを作り出してしまうでしょう。
したがってビタミン不足なども、顎ニキビに関する原因と言えます。

顎ニキビの解消を現実ものに!人気ケアグッズランキングTOPへ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*