顎ニキビでお悩みの方は病院へ!!

顎ニキビは適切な対処を!!!

通常ニキビというと10代の若者によく見られ、できる場所は額や鼻、頬の部分であることが多いです。
しかしながら顎ニキビに限っては20代や30代、場合によっては40代以上の人にもできやすいものです。
顎ニキビは、そのほかのニキビとはまた違った原因でできるものです。

またニキビというと、できやすい体質の人とできにくい体質の人と分かれるものですが、顎ニキビに関してはいつもは顎ニキビができない人でも、ある条件がそろうと場合によってはできやすくなることもあるのです。
その顎ニキビができやすい状況としては、仕事などでストレスが溜まっていたり睡眠不足になったりする時、お肌に合わない化粧品やシャンプーなどを使用したときなどがあります。
また女性では生理周期に伴って一時的にできてしまうこともありますし、妊娠中や産後にホルモンバランスが崩れて、突然顎ニキビがひどくなることもあります。
そのような状況でできてしまったニキビについては、原因となっている状況を取り除いたり、皮膚科や内科や産婦人科などに行って薬を処方してもらうだけで治ることも多いです。

皮膚科や内科、産婦人科などに相談

顎ニキビを皮膚科で診せる様子
生理周期に伴ってできてしまったり妊娠中や産後にできやすい顎ニキビは、ある程度は女性ホルモンの影響と考えてできても仕方のないものとして様子を見るべきですが、美容的に気になったりあまりにも症状がひどくなってしまったら、迷わずに皮膚科や内科、産婦人科などに相談して治療をするようにしましょう。
治療は保険適用になり、皮膚科であれば薬を処方され、設備が整ったところでは自費で顎ニキビを解消するための医療エステを受けられることもあります。
そして内科や産婦人科でも皮膚科ほど専門の治療は受けられませんが、相談すれば薬を処方してもらえます。
顎のニキビが出来始めた時は比較的弱い市販の薬を使用すれば解消する事が出来ますが、症状が酷くなってきた時は市販の薬ではあまり効果が出ない可能性があります。
そのため症状が酷い場合は医師の診察を受けて病院で処方された強めの薬を使用して治療する必要があります。
強めの薬は症状が酷い時には効果がありますが、症状が治まってきた時まで使用しているとシミが出来るなど副作用が出てしまう可能性もあるので症状が治まってきたら市販の弱めの薬に切り替えましょう

漢方薬が有効なことも多い

漢方薬
風邪など他の病気で内科にかかった時に一緒に相談することも可能ですし、妊娠中や産後間もない女性でも、安心して顎ニキビの治療を受けることが可能です。
また顎ニキビをはじめとしたニキビに関しては何種類かの漢方薬が有効なことも多く、特に顎ニキビは他の薬では治らなかったという人や、妊娠中や授乳中で服用できる薬に制限があるという人でも安心して服用できるものです。
顎に出来るニキビは酷くなってくると厄介なので早めの対策が重要になってきます。
顎のニキビの解消方法はこのようにいろいろありますが、最初は日常生活の中で出来る事をしっかりやってそれでも改善されなかったら医師の診察を受けてみるといいでしょう。
医師の診察を受けた時は顎のニキビの解消方法だけではなくいろいろな知識も教えてくれたりします。
また薬の使用方法も処方箋に記載されているので正しい治療方法で顎に出来たニキビを早く治す事が出来ます。

顎ニキビを解消したいあなたへ!人気ケアグッズランキングTOP!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*