刺激を避ける!治りにくい顎ニキビを予防するには?

治りにくい顎ニキビを予防するには?

食事をするときに、敏感になっている肌に食べ物が当たらないようにします。
食べ物にはアレルギー反応を起こす物質がたくさんあります。
口の中に入ってからアレルギー反応をおこすだけではなく、皮膚に当たって反応を起こすものもあります。

食事のときにも注意する

食事中の女性
健康な肌には怒らなくても、肌のバランスが崩れているときにだけ起こることも珍しくありません。
もし、ニキビができている場合、食べ物が原因でニキビを悪化させてしまう場合があります。
肌がかゆくなったり赤くなったりと敏感に反応してくると、ニキビも加速し悪化させてしまう恐れがあるからです。
刺激を受けて、悪くなっていきます。
ニキビには膿を持っているもの以外に、見た目にはわかりにくい白ニキビもあります。白ニキビが悪化すると膿が出て来るものに変わっていきます。
予防するためにも、食べ物にも気を付けます。
もし、食べ物の汁が皮膚に付いた場合には、すぐに洗い流すことも大切です。

手で触って刺激を与えない

顎ニキビを手で触る女性
顎のニキビは軽い状態の場合はすぐに対策をすれば綺麗な状態に治す事が出来ます。
しかし顎のニキビを手で触ったりして潰してしまうと傷口が酷くなってしまいます。
そのため菌が傷口から侵入してしまいさらに悪化してしまいます。
そのためニキビが治ってもニキビ跡になってしまう事があるので顎に出来たニキビを触らないようにしましょう。

マフラーやスカーフも注意する

マフラーをする女性
マフラーやスカーフをすると、顎に当たります。
マフラーやスカーフは擦れることで、乾燥を加速させます。
しかし、体の首を温めることは、体が温まり冷え性の改善につながります。
顎に刺激を与えにくい素材を選んだり、巻くときに気を付けるなど工夫をすることで、顎ニキビを予防することができます。

顎ニキビ解消をあきらめない!人気ケアグッズランキングTOPへ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*