顎ニキビをなくしたいなら細菌の繁殖を抑える

顎ニキビをなくしたいなら細菌類などの刺激がポイント

顎ニキビは、どの年齢でも出やすく、目立ってしまうので悩んでいる方も多いはず。
気になって触ったりすると、菌が移りさらに増えてしまうのも困ったものです。
そして、顎という場所は、色々なものに触れやすいので治りが遅いのです。
髪の毛や、服の襟、冬場なんかはストールやマフラーと言ったものにも常に触れてしまっている状態にあります。
まず、基本的なことから改善していく必要があるでしょう。

顎に対して大きな刺激を与えない

顎を手で触る女性
顎ニキビを解消したいと望むならば、刺激がポイントになってきます。
基本的には、顎に対してあまり大きな刺激を与えない方が良いでしょう。
特にタッチ頻度などには、注意を要します。
人によっては、顎などに対してよく手を当ててしまっています。
つい癖のように、手が顎の下部分に対して進む方々も居るでしょう。
考え事をしているような仕草ですね。
アゴに手を当ててしまう事は、あまり望ましくありません。
なぜなら、菌類に関する問題があるからです。
そもそも顎ニキビの原因の1つは、雑菌類ですね。
あまり多くの雑菌がアゴ付近で繁殖してしまいますと、それだけ腫れ物も生じやすくなります。
それで人々が顎を触れる時は、手がやや不潔になっている事もあります。
外出中に手で何かを触れた後で、アゴに手を触れてしまえば、やはり顎ニキビは生じやすくなってしまいます。
したがって、まずその癖を控えるべきでしょう。
普段から顎に手を当てる事が多い方々などは、ちょっと強く意識する方が良いですね。それだけでも、顎ニキビが解消する確率も高まるからです。

寝具はとことん清潔に

清潔な寝具
また日常的に用いる物品なども、実は注意を要します。
そもそも人によっては、ちょっとうつ伏せ姿勢で就寝する事があるでしょう。
そういう時には、寝具が重要なポイントになります。
例えば、布団のシーツですね。
シーツなどは、意外と雑菌が発生しやすい寝具の1つです。
それと枕カバーなども、注意を要するでしょう。
なぜなら一晩寝ると、頭皮部分からコップ一杯分の汗が生じるからです。
それが枕カバーに染み付いてしまえば、当然アゴニキビが発生する確率も高まってしまいます。
このため顎ニキビを解決したいと望むなら、寝具の洗浄頻度も重要ポイントになるでしょう。
できるだけ細かく洗浄してあげる方が良いです。
中でも重要度が高いのは、枕カバーですが、人によっては枕に対して、タオルをかけている事もあります。
そのタオルを毎日交換するよう心がけるだけで、随分と顎ニキビの発生率も低くなるのですね。
もちろんシーツなども、できるだけ細かく洗浄するべきでしょう。

毛剃りも刺激や雑菌に注意

それと男性は、実は普段からの毛剃りもポイントになってきます。
特に剃刀などで毛剃りを行う方々は、要注意ですね。
そもそも剃刀などは、肌に対する刺激がとても強いです。鋭い刃が付いていますから、うっかりそれで顎を切ってしまう事もあるでしょう。
それで毎日のように剃刀を使っていて、顎にダメージが蓄積されてしまうと、それだけ雑菌が入り込みやすくなります。
上記でも触れた通り、顎ニキビは雑菌とは密接な関連性があるのです。
したがって男性が顎ニキビでお困りの時には、ちょっと普段のお手入れ方法を見直すことも大切と言えます。とは言っても、別に難しい事はありません。
カミソリでなくシェーバーを用いるようにすれば、随分と解消されやすくなるでしょう。
これらの事を考えると、やはり顎に対する雑菌や刺激が重要です。
基本的には雑菌などによる強い刺激を防ぐよう、心がけると良いでしょう。

顎ニキビはつぶさないほうが良いのか?

どんなに気を付けていても、顎ニキビができるときがあり、顎ニキビができてしまうと、なかなか治りません。
痛くて赤くなり、膿が盛り上がってきます。
私は、諦めてニキビをつぶして膿を出してしまいます。
しっかり膿が表面に出て来てから行うのがコツです。
適当につぶしてしまうと、ニキビの跡が残って汚くなります。
治りも遅いです。
顎ニキビをつぶす前には、清潔にしてから行います。
しっかり膿を出してしまい、洗い流してから化膿止めを塗っておきます。
1週間以内にきれいに治ります。
つぶした後は、しばらくメイクを控えるなど、刺激を与えないことが大切です。
間違ったスキンケアをしないように顎ニキビを対策しましょう。
顎ニキビができているからって、ガリガリかいたりしてはダメです。
跡になったりしたら後が大変です。
ちゃんとしていれば治るのにガリガリしたら意味がありませんから。

顎ニキビ解消の強力な味方!!人気ケアグッズランキングTOPへ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*