誤ったスキンケアによって顎ニキビが生じる

誤ったスキンケアと栄養不足によって顎ニキビが生じる

顎は皮脂の分泌が少ない部分なのに、どうしてニキビができてしまうんだろうと思いますよね。
顎にニキビができてしまうのは毛穴が小さいために起こります。
顎の毛穴は他の部分に比べると小さくて、ちょっとしたことで皮脂が詰まってしまいます。

顎ニキビは大人ニキビの一種

スキンケアの方法が間違っている女性
顎ニキビ、とはあまり聞きなれない言葉ですよね。
ニキビといえば思春期にできやすいものでおなじみですが、顎にできるニキビとはいったいどのようなものなのでしょうか。
実は顎ニキビは思春期にはもちろん、大人になってもできやすいニキビであり、大人ニキビの一種とされているのです。

皮脂が毛穴に入り込みやすく詰まりやすい

スキンケアがしっかりと行われていない女性
顎は汗をあまりかかないのでニキビはできにくいのではと思われがちですが、実際は顎の部分には皮脂腺が非常に多く分布していて、しかも毛穴が小さいのが特徴です。
そのため皮脂が毛穴に入り込みやすくしかも詰まりやすくしかもなっています。
毛穴が詰まってしまうと毛穴から皮脂を出すことができなくなり、周期的に毛穴から古い角質を放出するいわゆるターンオーバーができなくなり、ニキビができやすくしかも悪化することになってしまいます。
顎ニキビができる原因の一つとして、スキンケアがしっかりと行われていないということが挙げられます。

皮膚を清潔に保つことが必須

正しい洗顔をする女性
しっかりケアしていても、意外と顎の辺りは気がついていないかもしれませんが、簡単に済ませていませんか?
どうしても、頬やおでこばかりに集中しがちですよね。
心当たりのある方も少なくないのではないでしょうか?
つまり、洗顔のときに、すすぎを十分に行っていないと、石鹸分が顎に残ってしまうことがあります。
ニキビ予防には洗顔をしっかりして皮膚を清潔に保つことが必須ですが、洗顔の際にしっかりと洗顔液を洗い流していないと、毛穴に汚れが入り込むことになってしまいます。
洗顔ではいわゆるTゾーンなどに注意が行きがちで顎は関心が行き届かないことが多く、洗顔や洗い流しがしっかりと行われないことが多いため、これが顎ニキビを引き起こすことになってしまいます。
そもそも洗顔料には、刺激が強めな物も色々と入っています。
それが顎表面に対して刺激を与え続ける事により、顎ニキビが生じる確率が高まってしまう訳です。
すなわちすすぎ不足が、顎ニキビの原因という事になります。
また、洗顔後は保湿をしっかりと行う必要があります。
これはお肌の表面だけでなく内側が乾燥してしまう、いわゆるインナードライの状態となってしまい、このお肌の内側の乾燥を防ごうとして皮脂の分泌が活発になるため、ニキビができる原因となってしまうのです。

顎ニキビ解消の強い味方!!人気ケアグッズランキングTOPへ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*