顎ニキビ解消アドバイザー!人気ケア商品ランキング

更新情報:2017.4.4 11:58 更新

顎ニキビの悩みを抱えているあなたへ!!

顎ニキビの悩みを抱えている女性

痛みを伴い慎重に対処しないと跡にも残りやすく、ニキビの中でも最も厄介と言ってもいいのが顎ニキビでしょう。
特に目立つ部分のニキビなので、精神的にもつらく、つい消極的になってしまう方も多いのではないでしょうか。
そこでこのサイトでは、顎ニキビを解消する為にオススメの人気ケア商品を、ランキング形式にして紹介したいと思います。
顎ニキビの悩みをスッキリ解消して、より素敵な人生をお送りください♪

顎ニキビに手を添える女性



顎ニキビ解消にオススメ!人気ケアグッズランキング

プロアクティブ+

プロアクティブ+

日本売り上げNO.1ニキビケアのプロアクティブ

プロアクティブ+はスマートターゲットテクノロジーという薬用成分を毛穴の奥までしっかり届けるため、成分や処方を一から見直した、全く新しい薬用ニキビケアシステムです。
【スキンスムージングクレンザー (洗顔)】
肌にやさしいソフトスクラブで古い角質や余分な皮脂をすっきり洗浄。
殺菌作用が高い有効成分サリチル酸配合で、ニキビのできにくい健康的な肌へ導きます。
なめらかな使い心地ですっきり洗浄しつつ、うるおいも補給することで、ツッパリの少ない洗い心地へ。

【ポアターゲティングトリートメント (美容液)】
独自開発の「スマートターゲット™ テクノロジー」により、有効成分が毛穴の奥まで浸透させます。
植物由来の保湿成分で固くなった角質をやわらげ、ふっくらとやわらかくし、肌本来の輝きを取り戻します。

【スキンブライトニングハイドロレイター (化粧水)】(ちょっとつめたい)
植物成分配合のみずみずしい感触のクリームが、乾燥から肌をやさしくガードし、べたつかない感触に仕上げます。
さらに、ビタミンC誘導体配合でサリチル酸×ビタミンCが肌トラブルをサポート。
メラニンの生成を抑え、透明感あふれる美肌へと導きます。

全てノンコメドジェニックテスト済みなのはもちろん、60日間返金保証付きなので、安心してご利用いただけます。

プロアクティブの口コミ情報はこちら

プロアクティブの公式サイト



メルライン

メルライン

顎・フェイスラインのケアの為に開発されたニキビケア商品

メルラインは、乾燥がしやすく、ニキビができやすい「あご・フェイスライン」のケアの為に、潤い成分をたっぷり入れて開発されたニキビケア商品です。

厳選された全10種類の徹底保湿成分を高濃度配合し、独自抽出ビオカタライザープラセンタで健康な肌サイクルを協力サポートし、凹凸ニキビ跡までケアします。
さらに、顎の黒ずみをケアする成分をギュッと凝縮したことで、美白のサポートにも効果的です。
保湿、美白、アンチエイジングだけでなく、フェイスラインの引き締めまでも期待できます。
もちろん、徹底的に無添加にこだわった低刺激のジェルなので、敏感肌の方も使えますし、アロマオイル配合で肌だけでなく、心までリフレッシュしてくれます。

メルラインの口コミ情報はこちら

メルライン



ルナメア

メルライン

富士フィルムのルナメアなら独自アプローチで大人ニキビを予防

植物繊維がニキビの原因となる毛穴のつまりや古い角質を優しく除去し、つるんとした滑らかな肌へと導きます。
富士フィルムの独自のナノ化技術で作られた成分『アクネシューター』は、肌が持つ油分を活かし、毛穴の油に吸い寄せられる特性を持ちます。
ニキビ有効成分と潤い成分をニキビに直接届けて集中ケアします。

お肌に優しく、ニキビの原因に直接届くニキビケアを実感してみてください。

ルナメアの口コミ情報はこちら

ルナメアの公式サイト



顎ニキビができる主な原因

顎ニキビの原因を考える女性

ここでは顎ニキビの原因について解説していきたいと思います。
顎ニキビの原因を知ることで、少しでも顎ニキビの原因をクリアすることができると思いますので、是非参考にして頂けましたら幸いです。

偏った食生活

顎ニキビに悪い食生活

私も顎ニキビで悩んでいた一人なのですが、顎ニキビは胃腸が弱っているときに出やすいなと感じました。
しかも、胃腸がかなり弱っている時や食生活の不摂生により、顎ニキビが出現する確率はとても高いように感じました。
例えば、コンビニ食や出来合いのものばかり食べている時には、膿をもった大きなニキビができやすく、更に、顎がニキビで醜い状態になるということも経験しました。
顎がニキビだらけになると気持ちがブルーになり、更に暴飲暴食に走ってしまうという方も多いと思いますので、顎のニキビが増えたなと思った時は、まずは食生活の改善を試みることをおすすめします。

日常で与えている刺激

本で顎ニキビを隠す女性

顎ニキビが増える原因として、髪の毛のサイドの髪をおろして顎のニキビを隠そうとしている方は多いのではないでしょうか。
ニキビは刺激すると、増えたり大きくなったりしてしまいますので、髪の毛の少しの摩擦だけでもニキビを刺激してしまって、ニキビが大きくなったり増えたりしてしまうことがあります。
私もサイドの髪の毛で隠そうと必死でしたが、かえって髪の毛で隠そうとするとニキビが増えてしまったり、膿をもったニキビが大きいものになったりしていました。
人の視線が気になると思いますが、ニキビに髪の毛が触れないようにすることは大切です。
隠すというところでもう一点。ファンデーションで隠す場合、しっかり隠そうと厚塗りになってしまうことと思いますが、厚塗りにすると返ってニキビが大きくなってしまう原因にもなりますので要注意です。
また、ファンデーションには油分が含まれているものもありますので、ミネラル志向のオイルフリーのファンデーションを使うと良いと思います。
その際もファンデーションは薄塗りにし、自然に治るまで待ちましょう。

ニキビを潰すことによる悪循環

顎ニキビを潰す女性

顎ニキビの大半は、膿を持ったニキビができることが多いと思うのですが、目立つのが嫌で潰してしまうことってあると思います。
膿を出してしまえばボコッとしたのがなくなり、一瞬目立たなくなるので、潰したくなってしまうと思いますが、潰すと増えるということを頭に入れておいたほうが良いかもしれません。
潰すと決まって新しいニキビが顔を出します。
しかも、潰して目立たなくなったはずのニキビが再発しているという悪循環も生みます。
やはり、ニキビは潰さないことが鉄則です。
以上、顎ニキビの原因を3項目にまとめてみました。
とにかく顎ニキビは増やさないようにすることが大切なので、焦らずにゆっくりと顎ニキビができにくい状況を作り出していきましょう。



顎ニキビを解消する方法

コットンで顎ニキビをケアする女性

顎ニキビはケアが難しいが、治りにくく繰り返しできやすいという特徴があり、体の内側、外側の両方から治していく必要があります。
また鏡で見ても見えにくい場所にあるため、知らない間に悪化してしまいます。
私も以前顎ニキビに悩まされ、治るまでにずいぶん色々と工夫をしました。

普段から刺激を与えない

ニキビ撃退女性イメージ

まず、スキンケアするときは顎ニキビに手が触れるか触れないかというくらい、優しくすることが大切です。
顎には骨があるため、優しくスキンケアをしているつもりでも実際には力が加わってニキビをつぶしたり、こすったりしてしまっています。
洗顔は泡で包み込むようにしてニキビには直接触れないようにし、化粧水や保湿クリームをつけるときも力を入れすぎないことが大切です。
また、顎のニキビを悪化させる大きな要因は、外からの刺激です。
髪の毛やタートルネック、襟、マフラーなどが顎ニキビに触れてしまって悪化していくことが多いのが事実です。
よって、顎にニキビができているときは、ニキビは目立つかもしれませんが髪の毛がかからないように結んだりピンで留めたほうがいいです。
またタートルネックや襟がニキビに触れないようにしなければなりません。
できるだけこれらの服装は避けて、顎ニキビには何も触れさせないようにすることが大切です。
そしてマフラーやストールなども顎ニキビに触れてしまいます。
冬の寒い時にタートルネックやマフラーなどを使用してはいけないというのは酷かもしれませんが、ニキビが治るまでは少しの我慢です。

清潔にする

手に顎を置く女性

顎ニキビに触れないような首の部分がゆったりしたタートルネックの洋服を選んでこまめに洗濯をして清潔に保ったり、どうしてもマフラーがしたいのなら、コットン素材のものを選び1週間に1回くらい洗濯をするという方法もあります。
髪の毛や洋服だけが顎ニキビに触れるものではありません。
寝ているときの布団やまくらカバーも顎ニキビに触れてしまうのです。
できるだけ清潔に保つために、まくらカバーは毎日洗濯をするのは簡単ですが、布団カバーを毎日洗濯するのはとても大変です。
よって、布団が顎にあたる部分にタオルをかぶせて、そのタオルを頻繁に洗濯するという方法がおすすめです。

紫外線対策をする

紫外線対策をする女性

そしてニキビを治すために忘れてはならないのが紫外線対策です。
化粧下地に紫外線防止効果があるものを取り入れることが必要なのですが、それと同時に帽子や日傘などでニキビに紫外線が当たらないよう工夫しなければなりません。
しかし帽子や日傘を使って、顔のニキビを紫外線から守ることはできますが、顎までカバーするのは難しいです。
よって顎のニキビを紫外線から守るためにはストールを巻くのがいい方法ではありますが、ニキビに直接触れて悪化させてしまう心配があります。
できれば使うたびに洗濯をして清潔に保っておく必要があります。

ニキビケアは正しいスキンケアを心がけ、ニキビを触ったりつぶしたりしないということが大切ですが、体の内側からのケアも必要です。
質の良い睡眠、バランスの良い食事、適度な運動などニキビは体の内側と外側からの両方からきちんとケアして治していかなければなりません。



顎ニキビを予防する方法

顎を突き上げる女性

顎ニキビは、主に生活習慣が原因となって起こる大人ニキビのひとつです。
肌質に関わらずできるニキビでもあるので、その原因によっては予防の対策も違ってきます。
いくつもの要因によってできる顎ニキビは厄介ではありますが、自分に合った正しい予防方法を見つければ対応する事も可能です。

体の内側から予防

内側から綺麗な女性

では、顎にできるニキビにはどういった特徴があるのでしょう。
顔全体のパーツの中で顎周りはあまり汗をかきませんが、皮脂腺は多く分布しています。
男性はひげが生えるので毛穴が開いていますが、女性の場合は毛穴があまり発達していません。
そのため皮脂が過剰に分泌されると、毛穴が詰まりやすくニキビができる原因にもなります。
Tゾーンは汗でテカりやすくなりますが、顎は汗腺が少ないのでインナードライをも引き起こすのです。
皮脂の過剰分泌としてホルモンバランスの乱れがあります。
ストレスや睡眠不足、生活習慣なども大きく関係してきますが、女性の場合は生理周期にによるホルモンバランスの変化も多くみられます。
そのためターンオーバーが正常に行われなくなるのです。
生理前後で肌トラブルが起きやすくなるのもそのためです。
ホルモンバランスの乱れを防ぐには、生活習慣の見直しが大切になってきます。
体の中で胃腸は肉体的、精神的な疲労を感じやすいとても敏感な器官です。
胃腸に起きた変調は消化吸収を衰えさせ、様々な症状が現れます。
その結果、栄養分が行き届かずに体調不良やニキビの原因にも繋がるのです。
乱れた食生活は便秘や下痢を繰り返す要因にもなり、胃腸の働きそのものに悪影響を及ぼします。
当たり前の事ではありますが日頃から、暴飲暴食を避けバランスの良い食生活を心掛ける事がとても重要なのです。

体の外側から予防

顎ニキビをケアする女性

これまで主に体の中から起こる顎ニキビについて説明してきましたが、もちろん外的な原因もあります。
顎はとても手に触れやすい箇所です。
顎ニキビに悩んでいる人の中には、無意識に顎を触ってしまう人も多いのではないでしょうか。
考え事をした時の癖や、ちょっと頬杖をついてしまったりなど心当たりはありませんか。
手には常に細菌が付いていますし、触れるだけ刺激にもなるのでニキビの悪化に繋がります。
それを避けるには、とにかく顎に触れないように意識を持つようにしましょう。
日頃のスキンケア方法の見直しも大切です。
顎周りの肌トラブルで多い要因として、洗顔料のすすぎ残しがあります。
クレンジングや洗顔の際、脂っぽいTゾーンやアイメイクには意識が行きますが、顎は忘れられがちになりやすいでパーツでもあるのでしっかりすすぐようにしましょう。
肌の乾燥は皮脂の過剰分泌を引き起こすので、洗顔後の保湿不足にも十分に気をつけましょう。
誰もが感じている現代病とも言えるストレスを取り除くことは簡単ではありませんし、解消方法も人それぞれです。
ストレスを感じたらなるべく早めに解消、リセットできる日常を心掛けたいものです。



顎ニキビの体験談

繰り返しできる顎ニキビ

ニキビに悩む女性

30代後半になるとニキビができる場所がだんだん下に下がってきて、顎にできるようになりました。
顎のニキビは膿を持つことが多く、黄色くなったり、赤くなったりして、とても痛いです。
それに口元ですので、人と話する時など隠すことができないので、とても困ります。
ある程度年齢がいってからできるニキビを大人ニキビと呼ぶそうです。
これはホルモンのバランスが崩れると出てくるそうです。
顎のニキビをメイクで隠そうとして、コンシーラーなどで上から塗ってみましたが、かえってニキビが悪化しました。
これはどうにかしないと行けないと思い、皮膚科に行きました。
皮膚科ではアクアチムという薬を処方していただきました。
アクアチムはできてしまったニキビにはよく効きました。夜洗顔してから、ニキビに塗るのですが、3〜4日もするとニキビがきれいに治りました。
ですが、顎のニキビは繰り返しできます。
これをどうにかしないといけないと思いました。
そこで、女性ホルモンといえば納豆ということで納豆を毎日食べることにしました。
また、寝不足もよくないかと思い、できるだけ睡眠時間をとるようにしました。
これを3カ月も続けると、だんだんニキビができる間隔が広くなってきました。
やはり、体の中からきれいになることと顎のニキビとは関係があるのではないかと思います。
まだたまに顎ニキビができる時がありますが、そんな時はアクアチムを塗って対処しています。
あとはホルモンバランスを整えるように気をつけています。



参考文献

一般社団法人 日本美容外科学会 JSAPS
http://www.jsaps.com/

日本美容外科学会
http://www.jsas.or.jp/

公益社団法人日本美容医療協会
http://www.jaam.or.jp/

公益社団法人日本通信販売協会
http://www.jadma.org/

一般社団法人 日本全身美容協会
http://www.mhlw.go.jp

総務省
http://www.soumu.go.jp/

厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp